ストレスが原因

透明な耳栓

近年では、ストレスのために耳鳴りで悩む方が増加しています。耳鳴りが起きると、何事にも集中できずに辛い思いをします。 耳鳴りが起こる原因は、いろいろと考えられます。たとえば、加齢によるもの、内耳の聴覚細胞の異常、耳に衝撃を受けたからなどです。加齢による耳鳴りは、難聴を伴うこともあります。その他にも、肩こり、アゴの違和感、腰や足の緊張によっても生じることがあります。 また、耳鳴りは何らかの病気を発症している場合も起こります。たとえば、自律神経失調症、うつ病、また動脈硬化や高血圧などの病気も考えられます。また、事故による頭部のけがの影響もありえます。耳鳴りは、病気を告げるシグナルの可能性もあります。なので、あまりにも症状がひどい場合はすぐに専門医に診てもらう必要があります。

耳鳴りの症状が出た時に、メニエール病を発症している可能性が考えられます。このメニエール病とは、音を感じる役割を担う内耳に障害が起こる病気です。具体的な症状としては、耳鳴り以外にもめまい、難聴などが起こります。めまいは、突然激しい回転性の症状がおこる事が特徴です。毎日繰り返し、めまい、難聴、耳鳴りなどの発作が起こり続けます。ですから、普段の生活にすごく支障をきたしてしまいます。 メニエール病になりやすい人は、性格的に几帳面で神経質な方に起こる傾向が強いです。そして、普段の生活で精神的・肉体的ストレス、睡眠不足などの状態の人に起こりやすいです。それと、体格面では肥満者の割合がきわめて少ないことが特徴です。